穴あけパンチの正式名称・他の国のでの名称|歴史とパンチの種類いろいろ

穴あけパンチ 正式名称気になる
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク
本ページはプロモーションが含まれています。

楽天市場:穴あけパンチランキング

「穴あけパンチ」は、紙や薄い素材に穴を開けるための道具です。

家庭やオフィスでよく使われますが、実は意外と知られていないことがたくさんあります。

この記事では、そんな穴あけパンチについて次のトピックを取り上げわかりやすく解説します。

  • 穴あけパンチの正式名称と他の国での名称
  • 穴掛けパンチの歴史
  • 穴あけパンチの種類・穴のいろいろ

⇩楽天市場のお得な特集・イベントはこちらから⇩

スポンサーリンク

穴あけパンチの正式名称と他の国での名称

穴あけパンチ 名称
  • 正式名称は?パンチ?パンチャー?
  • 英語名称、そのほかの国では?

正式名称は?パンチ?パンチャー?

穴あけパンチの正式名称は「パンチ」です。「穴あけ」も省略された「バンつ」です。日常会話では「パンチャー」と呼ばれることもあります。

「パンチ」と「パンチャー」は、どちらも穴を開ける道具を指す言葉ですが、ニュアンスや使い方に違いがあります。

パンチ

「パンチ」は、一般的に穴を開ける道具全般を指す言葉です。

例えば、紙や薄い素材に穴を開ける「穴あけパンチ」だけでなく、革や金属に穴を開ける「パンチングマシン」なども「パンチ」と呼ばれます。

パンチャー

「パンチャー」は、特に紙や薄い素材に穴を開ける道具を指す言葉です。

そのため、日常会話では「穴あけパンチ」のことを「パンチャー」と呼ぶことが多いようです。


このように、「パンチ」と「パンチャー」は、どちらも穴を開ける道具を指す言葉ですが、ニュアンスや使い方に違いがるようです。しかし正式名称は「パンチ」であることを覚えておきましょう!

それでは、他の国ではどのように呼ばれているのか見てい見ましょう。

英語名称、そのほかの国では?

穴あけパンチは、世界中で広く使われている文房具です。そのため、各国でさまざまな名称が存在しています。

世界中の家庭やオフィスで必要とされ、それぞれの国の言語や文化に合わせて、さまざまな名称が生まれてきたと考えられます。

差いくつかの国での穴あけパンチの表記を紹介します。

  • 英語:「hole punch」です。
  • 中国:漢字文化圏であるため、漢字で「打孔器(dǎkǒngqì)」と表記されます。
  • 韓国:ハングル文化圏であるため、ハングルで「구멍 뚫는 기계(gomung ttungneun gigi)」と表記されます。
  • ドイツ語:「Lochstanze(lɔxʃtantsɛ)」と表記されます。これは、「Loch」は穴、「stanze」は打ち抜くという意味の単語の組み合わせです。
  • フランス語:「perforatrice(pɛʁfɔʁatʁis)」は「perforer(穴を開ける)」と「atrice(器具)」を組み合わせた言葉
  • スペイン語:「perforadora(pɛʁfoʁadora)」はラテン語の「perforare(穴を開ける)」から派生した言葉です。


このように。穴あけパンチは、世界中で広く使われている文房具です。そのため、各国でさまざまな名称が存在しています。その名称には、それぞれの国の言語や文化が反映されています。

⇩素敵な贈り物が見つかる楽天の贈りものナビはこちらから⇩

スポンサーリンク

穴掛けパンチの歴史

穴あけパンチ 歴史

穴あけパンチの原型は、古代エジプトや中国で使われていた「千枚通し」です。千枚通しは、針状の刃を紙や革に刺して穴を開ける道具です。

19世紀のヨーロッパでは、千枚通しを複数本組み合わせて、一度に複数の穴を開けられるようにした「穴あけ器」が登場しました。この穴あけ器は、主に厚紙や革などの加工に使われていました。

  • 小型穴あけパンチの誕生
  • 穴あけパンチの進化
  • 穴あけパンチの現在

小型穴あけパンチの誕生

20世紀初頭、ドイツの文具メーカー「ゾーネケン」が、小型の穴あけパンチを開発しました。この穴あけパンチは、手で押すだけで穴を開けられるため、家庭やオフィスで簡単に使えるようになりました。

1904年、ゾーネケンの穴あけパンチが日本に輸入され、日本での穴あけパンチの普及が始まりました。

穴あけパンチの進化

  • 1950年代以降、穴あけパンチはさまざまな機能やデザインのものが開発されました。
  • 1960年代には、穴のサイズや間隔を自由に調節できる「可変穴あけパンチ」が登場しました。
  • 1970年代には、穴あけパンチのハンドルを回すことで穴を開けられる「回転式穴あけパンチ」が登場しました。
  • 1980年代には、穴あけパンチの刃を交換することで、さまざまな素材に穴を開けられる「多用途穴あけパンチ」が登場しました。

穴あけパンチの現在

現在、穴あけパンチは、家庭やオフィスで欠かせない文房具となっています。

  • 穴あけパンチの種類は、一般用、業務用、ハンディタイプなど、さまざまなものがあります。
  • 穴の数も、2穴、4穴、6穴、20穴、26穴、30穴など、用途に合わせて選ぶことができます。

⇩楽天市場のお得な特集・イベントはこちらから⇩

スポンサーリンク

穴あけパンチの種類・穴のいろいろ

穴あけパンチ 種類
  • 穴あけパンチの種類
  • 穴の数のいろいろ

穴あけパンチの種類

穴あけパンチには、大きく分けて「一般用」と「業務用」の2種類があります。

一般用の穴あけパンチ

一般用の穴あけパンチは、2穴タイプが主流です。

穴のサイズは、A4用紙に適した5.5mmが一般的です。力もそれほど強くないため、紙や薄い素材に穴を開けるのに適しています。

  • 家庭用:レポートやノート、手紙など
  • オフィス用:書類の整理や保管、ファイルへの綴じなど

業務用の穴あけパンチ

業務用の穴あけパンチは、穴のサイズや力に幅があります。

穴のサイズは、A4用紙に適した5.5mmから、厚紙や大きな紙束にも対応できる10mmまであります。力も強く、厚紙やたくさんの紙束にも穴を開けることができます。

  • 厚紙の加工:パンフレットやポスター、メニューなど
  • たくさんの紙束の整理:伝票や請求書、資料など

中には、万力のような強い圧力で穴をあけれるものもあります。

穴あけパンチの穴のサイズ

穴あけパンチの穴のサイズは、一般的に5.5mmが標準です。厚紙や大きな紙束に穴を開ける場合は、10mmなどの大きいサイズの穴あけパンチを選ぶとよいでしょう。

このように、穴あけパンチは、用途に合わせて選ぶことが大切です。次に穴の数による違いを見てみましょう。

穴の数のいろいろ

一般的な穴あけパンチは、2穴タイプですが、穴あけパンチは用途に応じて穴の数が異なるものもあります。

用途や使い勝手により穴のが異なります。その他にも、1穴タイプ、4穴タイプ、6穴タイプ、20穴タイプ、26穴タイプ、30穴タイプなどがあります。

他にもあるかもしれませんが代表的なところを紹介します。

1穴タイプ

1穴タイプの穴あけパンチは、単一の穴を開けるために使用されます。

これらは特にコンパクトなデザインが特徴で、簡単に持ち運びが可能です。

また、このタイプの穴あけパンチは、一度に18~20枚のコピー用紙に穴を開けることができるパワフルなものから、手のひらサイズのより小型のものまで様々です。

小型のものはペンケースなどに収納して持ち運ぶことができ、オフィスや家庭、学校などさまざまな場面で便利に使用できます。

特に1穴タイプは、資格の勉強や暗記カード作成時など特定の場所に穴を開けたい時に適しています。

4穴タイプ

4穴タイプの穴あけパンチは、主にヨーロッパで一般的に使用されることが多く、特定のバインダーやファイルシステムに合わせて設計されています。

あまりに日本では普及していないようです。

6穴タイプ

6穴タイプの穴あけパンチは、主にパーソナルオーガナイザーや一部の手帳に使用されます。

これらは、手帳やスケジュール帳のページを自由に追加したり、カスタマイズしたりする際に特に役立ちます。

6穴パンチは、個人のニーズに合わせてカスタマイズされた手帳の作成に適しています。

20穴・26穴・30穴

20穴、26穴、30穴の穴あけパンチは、主に特定の用紙サイズやルーズリーフバインダーに対応しています。

  • 20穴
    このタイプは主にA5サイズの用紙に使用されます。特に日本の文房具市場では、A5サイズのルーズリーフや手帳に多く見られます。20穴のパンチは、特定のバインダーシステムや手帳に適合するように設計されています。
  • 26穴
    26穴のパンチは、一般的にはB5サイズの用紙に適しています。学生やビジネスの文書管理に多く使われ、日本のバインダーシステムで特に普及しています。
  • 30穴
    このタイプはA4サイズの用紙に対応しており、ビジネス文書や学術文書で頻繁に使用されます。30穴のバインダーシステムは、ページの追加や削除が容易で、書類の整理に非常に便利です。

これらの穴あけパンチは、特に日本の文房具市場で一般的であり、各種バインダーシステムや手帳との互換性を持っています。

国や地域によっては、これらのサイズやシステムの普及度が異なるため、使用する地域や目的に合わせた選択が重要です。

楽天市場:穴あけパンチランキング

スポンサーリンク

さいごに 穴あけパンチの正式名称と種類・穴の数のいろいろ

穴あけパンチは、紙や薄い素材に穴を開けるための便利な道具です。種類や穴の数によって、用途や使い勝手が異なります。

この記事で紹介した内容を参考にして、用途に合った穴あけパンチを選んでみてください。

また、穴あけパンチは、正しく使用しないと紙を破ったり、穴の位置がズレたりすることがあります。使用前に取扱説明書をよく読んで、安全に使用してください。

穴あけパンチは、家庭やオフィスでさまざまな場面で活躍する便利な道具です。ぜひ、上手に活用して、毎日の作業をより快適にしましょう。

タイトルとURLをコピーしました