「希望」の花言葉を持つ花を贈る|贈る相手・場面別のおすすめ・縁起の良い飾り方

ひまわり占い・夢・花
この記事は約12分で読めます。
スポンサーリンク
本ページはプロモーションが含まれています。

「何か特別な花を贈りたいけれど、どの花が希望を表すのだろう?」

「大切な人の辛い思いに心からのエールを送りたい。花言葉で希望を伝えられたら…」

この記事にたどり着いたあなたは、こんな想いを抱えているのではないでしょうか?

この記事では、「希望の意味を持つ花」について次のテーマを取り上げていきます。

  • 希望の花を贈る意味や大切さについて
  • 希望を表す主な花とその花言葉
  • 贈る相手や場面別におすすめの希望の花
  • 希望の花の縁起の良い飾り方

この記事を読むことで、あなたの想いを伝えるにふさわしい「希望」の意味を持つ花とふさわしい演出が見つかることでしょう。

《PR》特別な状況でしたら、フラワーデザイナーにお願いしてみましょう

スポンサーリンク

1. 希望の花を贈る意味や大切さについて

花には様々な意味や想いが込められており、中でも「希望」を表す花は特別な意味を持ちます。

希望の花を贈ることは、受け取る人に前向きな気持ちや新たな可能性を感じてもらえるでしょう。辛い時期を乗り越えたり、新しいスタートを切るときに希望の花は力強いメッセージとなります。

このような花を選ぶ際には、贈る相手の状況や心境を考え、それに最適な花言葉を持つ花を選ぶことが重要です。

  • 希望を象徴する色や形の由来
  • 花を選ぶ際の気持ちのこもり方
  • 相手への思いやりのある贈り方

希望の花を贈ることで、一時的な喜びだけでなく、長期的な励ましや支援のメッセージを送ることができます。

1-1. 希望の花とは何か?—その象徴と意味

希望の花とは、その色や形、歴史的な由来から「希望」を連想させる花のことを指します。

例えば黄色い花は太陽の色で、光明や陽気さ、前向きな気持ちを表します。一方、白い花は純粋さや新しい始まりを象徴するため、希望の花とされています。

また、つぼみから開花する姿が、希望の萌芽を連想させる花も希望を意味する花といえます。

このように、色や形、開花の様子から「希望」を感じさせる力がある花が、希望の花と呼ばれるのが一般的です。

1-2. 希望を込めた花贈りの心得

花には様々な意味合いが込められており、希望の花を贈る際にも心構えが必要です。まずは相手のことを思い浮かべ、どのような希望を込めたいかを考えましょう。

そして次の事にも気を配れるとよいでしょう。

  • その人の立場になって選ぶ
    新しい環境で頑張ってほしい友人には前途洋々たる希望を、病気と向き合う知人にはたくましく生きていく希望を贈るなど、その人の立場に立って選ぶことが大切です。
  • 花言葉にも十分注意を払う
    チューリップは新しい始まりを意味しますが、赤いチューリップは「情熱的な恋」を表すため、用途によっては不適切な場合もあるのです。
  • 花の色や本数による意味の違いを確認する
  • 花を贈る時の気持ちの込め方
    花束に短い手紙を添えるなどして、希望を込めた気持ちを伝えることをおすすめします。

このように相手の立場になって、花言葉、色や本数の意味、メッセージを添えるなどすることで、あなたの気持ちが込められていることを相手に感じ取ってもらえるはずです。

⇩楽天市場のお得な特集・イベントはこちらから⇩

スポンサーリンク

2. 希望を表す主な花とその花言葉

希望を表す主な花とその花言葉をご紹介します。

花には古くから様々な意味合いが込められており、それぞれの色や形、開花の過程などから「希望」を連想させる花が数多くあります。

ここでは、代表的な希望の花とその花言葉、由来となる意味合いについて解説していきます。

  • 太陽をイメージした陽気な希望の象徴
  • 控えめだが力強い励ましの花
  • 母性と強い意志を表す不撓不屈の希望
  • 新しい始まりへの祝福の気持ち
  • 前向きなパワーと崇高な思いの源泉

2-1. サンフラワー(陽気な希望)—太陽の象徴としての意味

サンフラワーは、その名の通り太陽をイメージした華やかな花です。黄色い大きな花弁が太陽の輪を想起させ、陽気で前向きな希望を象徴しています。

サンフラワーは昼夜問わず花を太陽に向ける「向日性」を持つことから、太陽を追う姿に人々は希望を見出してきました。

また、ヨーロッパでは古くから守り神として崇められ、不幸を跳ね返す力強い花とされています。

メキシコでは太陽神を象徴する花とされ、生命力と再生の象徴とも考えられてきました。このように世界各地で太陽やエネルギー、新しい始まりを連想される花なのです。

明るくはっきりとした存在感で、サンフラワーはまさに「陽気な希望」を体現する花であり、励ましのメッセージとして人々に親しまれていあます。

2-2. スイートピー(素朴な希望)—さりげない励ましの花

スイートピーは小さな花が垂れ下がった可愛らしい姿が特徴的な草花です。

淡い色合いと上品な香りから、素朴でありながら愛らしい存在感を感じさせます。

このスイートピーには「素朴な希望」を表す花言葉がつけられています。

この花は17世紀にシチリア島で発見されて以来、ヨーロッパ諸国で親しまれてきました。

当時は身分の高い人々だけが贅沢な花を愛でられましたが、スイートピーの存在は一般庶民にも希望を与えたと言われています。

素朴でありながら優雅な佇まいから、人々に夢を抱かせる力があったのでしょう。

また、スイートピーは花言葉のみならず、その名前自体に「素朴で甘い香り」を連想させる意味が込められています。

さりげなく力強く、静かに人々を勇気づける存在であり続けた花なのです。

控えめな佇まいで相手を励まし、希望を運んでくれる花と言えるでしょう。

2-3. カーネーション(母の愛、不撓不屈の希望)—母性と強さの表現

カーネーションは世界中で愛される人気の切り花です。

赤や白、ピンクなどさまざまな色があり、色によって異なる意味合いがあります。

中でも「母の日」の定番花として知られる理由は、この花に「母の愛」や「不撓不屈の希望」という花言葉が込められているからです。

この花はキリスト教の伝説に由来しています。

キリストが十字架につけられた際、母マリアが涙を流したという話があり、その涙から最初のカーネーションが生まれたと言われています。

母の深い愛情と哀しみを表す花なのです。

一方で、カーネーションは虫に食べられても再び芽を出す強い生命力の持ち主でもあります。

怖いもの知らずの強さを持ち合わせており、試練や困難に立ち向かう不撓不屈の精神を表しています。

このように母性と強さを併せ持つカーネーションは、母の愛を象徴すると同時に、逆境に負けない希望の象徴としても親しまれている花なのです。

2-4. チューリップ(誠実な愛、新しい希望)—新たな始まりを祝福する花

チューリップは春の使者とも呼ばれ、新しい生命の誕生や再生を象徴する花です。つぼみからゆっくりと花が開くその姿から、「新しい希望」への思いが込められています。

チューリップの花言葉は「誠実な愛」です。

トルコの伝説によると、二人の恋人が永遠の愛を誓ったものの、運命に翻弃されてしまいます。

しかし二人の熱い思いが地中で紅のチューリップとして甦ったと言われています。このように、チューリップには永遠の愛の象徴としての由来があります。

一方で、チューリップが春の花として人々に新しい希望を与えてきた理由は、この花の形状と開花過程にあります。

一番最初に現れるのは芽のようなつぼみ。そしてそれが少しずつ大きくなり、ついには華やかな花を開かせます。この一連の過程が、新しい命の誕生や再生を連想させるのです。

つまり、チューリップは誠実な愛を体現する永遠の象徴であり、同時に新しい希望が生まれる新たな始まりを表す花でもあるのです。

2-5. ヒマワリ(陽気な希望、崇高な思い)—前向きなエネルギーの源

ヒマワリは太陽のような大きな黄色い花弁が印象的な花です。

サンフラワーと同様に太陽をイメージした花ですが、ヒマワリには「陽気な希望」だけでなく「崇高な思い」という別の意味合いも込められています。

ヒマワリの「向日性」つまり花が常に太陽を向く特性は、古くから畏敬の念を持って見られてきました。しなやかに太陽に向かう姿から、崇高な存在への敬虔な思いを人々は感じ取ったのです。

一方でヒマワリの大きな花弁は、まるで太陽の光を存分に浴びているかのようです。

この明るく元気な印象から「陽気な希望」の花言葉が生まれました。前を向いて進む明るい力強さと、太陽へと歩を進める情熱的な意志の両方が、この花から感じ取れるのです。

このようにヒマワリには「陽気な希望」と「崇高な思い」の2つの意味合いが込められています。太陽への畏敬の念と、前向きにエネルギッシュに歩む姿勢の両方を体現する、まさに希望の源泉としての存在なのです。

⇩圧巻のポイント還元率の楽天ビューティはこちらから⇩

スポンサーリンク

3. 贈る相手や場面別におすすめの希望の花

希望の花には、贈る相手や場面によって最適な種類があります。状況に合わせて花を選ぶことで、気持ちを上手く伝えることができます。花には花言葉以上の意味が込められており、適切に選ぶことが大切です。ここでは、代表的な状況別におすすめの希望の花をご紹介します。

  • 友達を励ます花
  • 母への感謝の気持ちを込める花
  • 新しいスタートを祝う花
  • 病気の方への励ましの花

3-1. 友人への励ましに最適な花:サンフラワー、スイートピー

友人が試練に直面したり、つらい状況に置かれた時、花を贈ってエールを送ることができます。そんな時におすすめなのがサンフラワーとスイートピーです。

サンフラワーの明るい黄色は太陽を連想させ、陽気で前向きな希望を象徴します。この花を贈れば、友人に「これからも希望を持ち続けよう」と勇気づけるメッセージが込められます。また、ヨーロッパでは不幸を跳ね返す力強い花とも考えられており、友人の試練を乗り越える後押しにもなるでしょう。

一方のスイートピーは、控えめながらも素朴で愛らしい佇まいが特徴です。この花は貴重な存在ながら一般の人々にも希望を与えてきた花です。友人への心からの励ましの気持ちを込められる花と言えるでしょう。

このように、サンフラワーとスイートピーにはそれぞれ異なる意味や由来がありますが、いずれも友人への励ましとして最適な希望の花なのです。

3-2. 母への感謝の気持ちを込めて:カーネーション

母の日のプレゼントに定番のカーネーションは、母性愛と不撓不屈の強さを表す希望の花です。

この花の起源には、キリストが十字架につけられた時、母マリアが涙を流し、その涙から最初のカーネーションが生まれたという伝説があります。母の深い愛情の象徴とされています。また、カーネーションは虫に食べられても再び芽を出す強い生命力を持つことから、試練に負けない不撓不屈の精神も表しているのです。

母へのプレゼントとしてカーネーションを贈ることには、「母性愛に感謝し、母の強さに敬意を表す」という意味が込められています。日頃の感謝の気持ちを伝えると同時に、母が乗り越えてきた困難を思い、尊敬の念を込めて贈る。そんな母の日の定番の花なのです。

赤やピンクなど色によっても意味合いが変わるカーネーションですが、母への気持ちを込めた希望の花として、世界中で親しまれている理由がここにあります。

3-3. 新しい門出にはチューリップ

新しいスタートを切る人への贈り物として最適なのがチューリップです。この花は「新しい希望」と「誠実な愛」を表す花言葉があります。

チューリップのつぼみから花が開く様子は、新しい命の誕生や再生を連想させます。就職や転勤、入学などの新しい環境に飛び立つ人に、この花を贈ることで「新しい希望に満ちた人生が待っている」というメッセージが込められます。

一方で、チューリップに込められた「誠実な愛」の由来には、恋人同士の永遠の愛を誓う伝説があります。人生の新たな一歩を踏み出す人に、この花を贈ることで「前職や前の環境での思い出は忘れずに」という気持ちも添えられるのです。

新天地でのスタートを祝福しつつ、今までの人生への愛着も忘れないでほしい。そんな気持ちを込めてチューリップを贈るのが適しているでしょう。新しい希望と誠実な愛の両方の意味を持つ花だからこそ、人生の新たな門出を祝福する最適な贈り物になるのです。

3-4. 病気の方へのエール:ヒマワリ

病気療養中の方への励ましの気持ちを込めるのに適しているのがヒマワリです。この花には「陽気な希望」と「崇高な思い」という2つの花言葉が込められています。

ヒマワリの大きな黄色い花弁は太陽の光を存分に浴びているかのように明るく元気な印象を与えます。この陽気で前向きなイメージから「陽気な希望」の花言葉が生まれました。病気と闘う方へ贈ることで、前を向いて歩んでいく勇気とパワーを与えられるでしょう。

また、ヒマワリの「向日性」つまり花が常に太陽を向く特性は、古くから崇高な存在への敬虔な思いを人々に感じさせてきました。この「崇高な思い」は、病気により人生の意味や生きる目標を見失いがちな方に、改めて希望の道標を示してくれます。

このように陽気な希望とエネルギー、そして崇高で尊い思いを両方備えたヒマワリは、病気療養中の方々への最適な贈り物なのです。体力的にも精神的にも大きな支えとなる、まさに希望の光明そのものの花といえるでしょう。

《PR》AMAZONでプロの花束を注文できる「白坂花店」

スポンサーリンク

4. 縁起の良い希望の花と飾り方

4-1. 縁起の良い黄色い花とその意味

黄色い花は、その鮮やかな色が心を明るくし、元気を与える色として知られています。

特に、サンフラワーやヒマワリのような黄色い花は、希望、幸福、健康を象徴し、家庭やオフィスの環境にポジティブなエネルギーをもたらします。

これらの花を選ぶことで、どんな空間も明るく温かみのある場所に変わります。

4-2. 希望を込めて東向きに飾る理由

東向きに花を飾るというのは、日本の伝統的な習慣の一つで、新しい日の始まり、すなわち「新たな希望」を迎え入れる象徴とされています。

窓辺や部屋の東側に花を置くことで、毎朝日の光と共に新しい力と希望を家庭に招き入れることができます。

4-3. 花の本数とその象徴性—なぜ奇数が良いのか

花を贈る際に奇数であることが好まれるのは、奇数が「生命力」や「成長」を象徴しているからです。

特に、1, 3, 5, 7などの数字は、自然と調和し、無限の可能性を象徴しているとされます。

これらの数の花を束ねることで、贈られた人の新しいスタートや健康への願いが込められます。

4-4. プレゼントの包み方とポイント

花を贈る際には、包装もまた非常に重要です。

明るく清潔感のある包装紙やリボンを選び、花の色と調和するように心がけると良いでしょう。

特に希望を象徴する花の場合、透明感のある素材や光を反射する素材を使用すると、花本来の美しさとメッセージが際立ちます。

⇩楽天市場のお得な特集・イベントはこちらから⇩

5. まとめ:希望の花を贈ることの意義や心構え

この記事では、希望の花を贈る意味や大切さについて詳しく掘り下げました。

花が持つ象徴性や花言葉に基づいて、サンフラワーやスイートピーなど、希望を表す主な花々を紹介しました。

また、贈る相手や場面に応じた花選びのアドバイスや、花の縁起の良い飾り方についても解説しました。

希望を込めた花贈りは、受け取る人に勇気と癒しをもたらすことでしょう。

この知識を活かして、大切な人へ心を込めた花を選んでみてください。

《PR》プロのフラワーデザイナーなら、あなたの特別な想いを伝える花をアレンジできます

タイトルとURLをコピーしました